しんどい心の休憩所

心をちょっと一休み

「心がしんどい。」そんなときに読み流す
心の休憩所

記憶と心とカラダ

「心」は
それ自体がひとつの”生きもの”で

この身体は

「心」の乗り物なのかなぁ。。

 

涙をこらえようと
すればするほど溢れるように

好きになっちゃいけないと
思えば思うほど 愛しさ溢れ

好きでいなきゃいけないと
思えば思うほど 心は離れ

無駄な抵抗に疲れ果て

結局 自分の心に嘘はつけないのだと
思い知る。

どんなに経験を重ねて大人になっても
心は正直だ。。

 

心が動かなければ
身体も動かない

ココロとカラダは
切り離せない

 

心が壊れる寸前まで
平気なフリ…

そんな経験の 一つひとつも

人の魅力を形作る
パズルの1ピースに

なってるんだね。。

 

心 優しい人が好き

って 本能かなぁ。。

 

情けなくて 惨めで 不安でたまらない…

でも

心の矢印は

折れてないから

だいじょうぶ。。

 

何年経っても

目を閉じれば
鮮明によみがえってくる

あの日 あの時 あの一瞬

記憶の不思議

 

記憶に残る あらゆる場面に

自分だけに響く

サントラがついてる。。

 

人の気持ちは
こんなにも変わってしまう

人の気持ちは
一旦ほんとに離れてしまったら
もう元には戻れない

ってことを

自分の心で証明してしまった

前にしか進めないってことを。。


Other Contents
ページのトップへ戻る